お能鑑賞

先月に引き続き、能を鑑賞してまいりました。

場所は国立能楽堂。



前回、入り口を探すのに非常に迷いました。
今回は2度目だし楽勝でしょ♪と思っていたのですが、
再び迷いました008.gif

なんで標識がちゃんと出てないのよっ!!!033.gif

前回同様、今回もお待たせしてしまった・・・ちっぽん、ごめんなさい040.gif


本日の演目は・・・



狂言: 佐渡狐 (さどぎつね)
能 :  小袖曽我 (こそでそが)

先月観るまでは、どちらも伝統芸能という格式高~~~~~~いものを想像していたので
ついていけるか心配002.gifという気持ちもありました。
古い言葉で何を言ってるのかわからない、ってなるんじゃないかな054.gifとかね。

でも今はすごく進んでいて
各シートにモニターが備え付けてあって、字幕が出るんですよ!
しかも日本語だけじゃなく、英語字幕もあります。

私は勉強のためもあって字幕で見ました。
正直、英語の方が文意を捉えやすい気がするんです042.gif
意味が分かってから、耳で日本語を聞くと何を言ってるのかちゃんとわかります056.gif

狂言はモニターを見なくても大丈夫でしたね。
毎回、狂言は面白いです。時代を超えて笑えます。これってすごいと思う。
結局、人間の本質って何百年経ってもそうそう変わらない。
現代まで受け継がれている、いわゆる古典と言われるものってやっぱりその本質を突いてるんだろうなぁ。


続いて、能。

実は前回のリベンジもありました。
前回の公演は、ちょっとがっかりした部分があったので。015.gif

今回は。


すごい。


すごかった。


今日は私、睡眠時間が2時間半ほどだったんですね。
ちょっと色々興奮して眠れなくて(笑)

能って静かな印象が強いから、
ああ~今日はうとうとしちゃうかもしれないなぁ~なんて思っていたわけです。


ところが。

演者が一丸となって作品世界を創りあげていて
なんというか、この能世界が衝撃的なまでに私の胸を貫いていったんです。

迫力でした。
感動でした。
終わった後も心が震えて、しばらく言葉が出なかった。

日本文化、すごいよ。あっぱれだよ。


実は、この舞台を見て思わず涙しました。
能で涙するなんて私くらいじゃないか、と思ったら
隣りに座っていたお友達のちっぽんもほろほろと。

同じものを観て、お互い感動できるって、嬉しいよね。
(感動どころが違うところがまた面白かった^^)

是非是非また来よう。

皆様、伝統芸能ってすばらしいですよ!!
[PR]
by cayos | 2011-01-05 22:15 | 日記

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos