台本おこし

今、ある舞台のビデオを見ながらテープに録り、それを台本に起こす作業をしている。

非常に大変な作業だけれど、とても勉強になる。
言葉として、作家が何を言わんとしているか、というのは当たり前ながら、
その中でも何を言っているのかわかる役者さんと、わからない役者さんがいる。
言葉の重要な部分をたてられる役者さんと、たてられない役者さんがいる。
また、音使いやテンポ感の重要性もわかってくる。
自分の足りない部分も見えてくる。

「早くやりたいなぁ~~」
という気持ちを抑えながら、台本の作業は続く。
…しかし、1時間半やっても舞台の時間では8分くらいにしかならない(涙)
早く完本させたいよぉぉ~。
[PR]
by cayos | 2004-11-16 00:32 | 日記

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos