教壇デビュー

ご無沙汰しております。

ふと気づけば早3月。
春の足音が聞こえ始めました。

皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

私の方は、というと。

一番の大きな変化は、「日本語教育」に関してでしょうか。

今年になってから、ボランティア研修に参加したり、
また、実際に教壇に立って教えるための実習に参加したりしていました。
最終日は外国人の方への授業。
思わぬ反応が返ってきてドキドキ053.gifしましたが、
本当に楽しかったです。
もちろん、自分なりに反省すべき部分は多々ありましたが、
今までやっていた「芝居」の経験がこんなにも活かせるとは思いませんでした。
授業も、舞台と同じようにライブなんですね。
役者がお客さんと一緒にあの時間を共有するように、
教師と生徒さんがお互い関わりあって、授業を作り上げているんだと実感しました。

実習はあっという間に終わってしまいましたが
本当の意味での勉強はこれから。
もっともっと学習者の力を引き出せるような先生になりたいな、と思いました。


・・・とは言っても、教えられる場が無いのですが007.gif

正直、日本で日本語教師として生活するのは、かなり厳しいのです。
教えるにはプロフェッショナルな知識や技術が必要であるにも関わらず
お給料がバイト並み・・・。007.gif
下手したら高校生バイトくらいの収入かもしれません。

というのも、日本語教師として働くには
まず初めから専任講師の職に就くということはほとんどありません。
というのも、専任講師になるためにはある程度の経験が必要であることが多いからです。
大概は非常勤講師から、ということになるでしょう。

その非常勤のお給料は1コマ、時給1200円~1700円くらいのところが多いようです。
(あくまで私の見た印象です)
しかし、授業というのは必ず準備が必要であって、その時間だけいればなんとかなるというものではありません。
お給料はあくまで授業時間に対してだけですので、その準備の時間分お給料は目減りしていくということになります。
もちろん、経験を積むにしたがってその準備にかかる時間は減っていくのでしょうけれど。

このお仕事一本で生計を立てていけるかというと
・・・正直きついですね007.gif

なかなか私がこちらの道をメインに踏み込んでいけないのはこの部分です。
とても魅力的なお仕事なんですけれどね~。うーん。


ただ、せっかく身に着けたスキルですから、
定収入を得られる仕事をしながら、同時並行でやっていこうかと思っています。
いざとなれば日本を離れてもやっていける仕事ですしね!


・・・まずはその定収入を得られる仕事を見つけなくては。とほほのほ。
[PR]
by cayos | 2012-03-06 23:23 | 日記

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos