思いやり

昨日は、バイトが大忙し。
4月のこの時期は何かとお問い合わせが多いんですよね。

イレギュラーな案件も多く、
また、わがままと言えるようなクレームもあり・・・
ちょっと疲弊気味でした。

ようやっと仕事を終えて帰る道すがら。
家の最寄駅に着いたとき、小雨がぱらついていました。
私は、自転車を走らせ家路を急ぎました。

もう少しで到着、というところで
車椅子の方と出会いました。
どうやら少しお困りの様子。
「お手伝いしましょうか?」
と一声かけて、自転車を降りました。

無事、困った事も解決して
「他に何か手伝える事は?」
とお聞きすると
「もう大丈夫」
とのこと。
あまりに、おせっかいしすぎても迷惑かと思いその場を後にする事に。

そのとき、車椅子のおじさんから
「どうぞお気をつけて」
との言葉。

雨の中、私よりもおじさんの方が車椅子で大変だろうに
私を気遣う言葉がさらりと出るなんて。
心がじ~んとしました。

私はお礼を述べて、「そちらもどうぞお気をつけ下さい」と申し上げて帰りました。
[PR]
by cayos | 2006-04-06 01:48 | 日記

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos