大盛況のうちに

幕を閉じました。
本当に、皆さんの暖かい応援に支えられました。
「ありがとうございます!」という言葉以外に、何か私が伝えられる言葉はないのかしら。
…と思うくらい、ありがとう以上のありがとうを伝えたい。

ロビーには皆様からの溢れんばかりのお花。
チケットをご購入頂くこと。
わざわざご来場いただくご足労。
そして、拘束するその時間。
差し入れまでをいただいたり。

ご来場いただけない方からも
応援メールをいただいたり、
お花をいただいたり、
差し入れをいただいたり、
沢山お気遣い頂きました。

また、いらしてくださったお客様。
少しでも作品の感想を伝えようと残ってくださったり
また、会うことはできずともメールで感想を下さったり。

(逆に私の方があわただしくて、ゆっくり時間が取れなくてごめんなさい。)

本当にありがとうございました。

公演を行うと
どれだけ自分が周りの方に支えられているか、わかります。
だれだけ沢山の方が私を応援してくださっているのか
改めてわかります。

今、自分がこうしてココにいられるのは
決して自分一人の力ではない、と言うこと。

みなさんのおかげで、公演は成功させることができました。
ありがとうございました。


千秋楽。
ラストシーンはいろんな気持ちが昇華されていくような歌になりました。
そんな気持ちが伝わったかのように
なんと、暗転前からお客様の拍手がわき上がりました!
ぞくぞくするような、快感。
舞台・客席の分け隔てが無く、一体になっている、という実感。

ああ、芝居をやっていて良かった。


この作品の稽古が始まる前。
私なりの激動がありました。
この舞台に立つのを辞めようか、本気で考えたこともありました。

でも、立って良かった。
芝居を、あきらめなくて良かった。
今までいろんなものをあきらめたり、捨てたりしたけど
それは、この瞬間を得るためのプロセスだったのだ。

これから少しの間、お芝居は一休みする予定。
(まずは、腰も治さなくちゃ…なので^^;)
また新たな動きがありましたら、
皆さんの暖かい応援で私に再びパワーを与えてください!

本当に皆さん、ありがとうございました!!
[PR]
by cayos | 2006-11-01 12:42 | 日記

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos