わたしの血(1)

結局昨日は病院に行けなかったので、
せめて薬局に行って薬を購入しようと思いました。

「すみません、花粉症なのですが、効く薬ありますか?」

その質問をしたとき、お店のおじちゃんの目がキラーンと光った

「この薬は症状を抑えるだけで、根本的な解決にはならないのです」

と。
ちなみにそのお店では漢方を扱っており、
体質改善をしなければ症状を抑えてもぶり返すのみ、と。
長期的に治していかなければいけません。とのこと。

ちなみに私は体が冷えやすい体質のようで
(といっても、指先足先の冷えはまったく無自覚。
 それが一番怖いらしいですが)
とにかく、体を温めるものを食べなさい、と。
果物でも、南国生まれのバナナよりは、北国生まれのりんごがいい。
夏野菜よりも、今の時期なら冬野菜がよい。

で、そのようなお話をしてもらった後に
ちょっとだけ実験くん。

指先に針を刺して、血を出し、
自分の赤血球はどんな形をしてるのか見せてあげる、と言われました。
ちょっと怖かったけど、やってみました。

私の赤血球は比較的きれ~な丸でした。
この丸い赤血球、ストレスやら疲労やらがたまると、
なんとトゲトゲ赤血球になるんですって。
あの、エヘン虫みたいなかたちですね。
私の赤血球もみんながみんな丸いわけではなくて、
たまーにこのエヘン虫赤血球がいたりします。
なんだか、自分の精神状態や肉体状態によって
目に見えないミクロの世界までが形を変えてるだなんて
すっごく面白くありませんか?

面白い面白いと目を輝かせる私を更に喜ばそうと
実験くんその2をやってくれました。
血圧を左右の腕で測ります。
(なんと、左右によって血圧は違うそうです!
 心臓に近い、遠いが影響するんだそうですよ。)
腕への締め付けが開放されることで血流のスピードが変わりますよね?
そのスピード変化をグラフにしたものを見せてもらいました。

そのグラフ、きれいなピラミッド型になっているのが理想らしいです。
(スワン型というらしいです)
わたしは、まあかなりこの形に近かったのですが、
助手をやってくれたお兄さんいわく

「ものすごい健康体ですね!」

と。
・・・この日、花粉症がきつくて仕事を休んだ私には
喜んでいいのやら、イケないのやら、ちょっと困りました(笑)

でも、わたしの血はかなり元気でサラサラじょうたいらしいので
喜んでいいものなのでしょうね。

ただ、色が薄いので貧血気味らしいです。
見えない赤血球を応援するべく、今日はほうれん草とプルーンを食べました。

がんばれ、赤血球。
[PR]
by cayos | 2004-03-12 23:34 | 日記

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos