カテゴリ:2011 仏留学( 23 )

食い倒れ

そんなこんなで、6時間のにぎやかな赤ちゃん修学旅行からようやく離脱。056.gif

アブダビ到着が20:15の予定だったけれど、出発1時間遅れのため到着も遅れた。
・・・とはいっても到着は予定よりも20分遅れくらいだったので、かなり飛ばしてたのね。

ここの空港は、広々して真新しくてきれいです。
行きで乗り換えを経験していたので、スムーズに移動完了!012.gif

そして、ここでのお楽しみはフリーのWifiに接続できること053.gif
少しの時間だけどつぶやきまくるぞ~~~017.gifと意気込んでた。

・・・ん、だけど。

なぜ!?なぜつながらないの??008.gif
行きでは確か、つながったよね?
ブログ更新もできたはずよね?

私が乗り込む予定のゲートを横目に確認しつつ、必死でiphone接続を試みた。
でもとうとう接続できず007.gif
搭乗のラストコールまでかかっちゃったんで、泣く泣くあきらめた。

もうゲート前には誰もいなかったw
でも、飛行機も遅れてたしね~、一応迷惑はかけてないわよ(と、何気なく言い訳)
ボーディングパスを渡したところ、何か書き換えられてる。
あれ039.gif・・・シートナンバーが予約していたものより若くなっている!これはまさか、噂の!023.gif056.gif

と期待に胸を膨らませながら、飛行機に乗り込む際にチケットを見せる。

すると

「あら、このチケットはパリ-アブダビ間のものですよ」

と。

えええーーーーーー!さっきお姉さんに渡して切ってもらったばっかりじゃん。なぜ!?005.gif

焦ってチケットを探す・探す・探す・・・

お姉さん「大丈夫よ~落ち着いて落ち着いて010.gif

と、和やか。
でも私は焦りまくり。
他の乗務員さんが、「パスポート見せて」といったので素直に渡したところ、
なんとそこに挟んであった。
もぉ~~~やっぱり私ってちゃんとしてるのよね(←これ、うちの母がよく使うサザエセリフ)

ほっと一息042.gif、ようやくお姉さんにチケットを見せる。

「あら?これは・・・」

More
[PR]
by cayos | 2011-10-03 18:12 | 2011 仏留学

今頃は

初めて予約投稿してみます。

この記事が公開される頃には、私は機上の人となっているはず。


思えば8月23日に日本を発って、早1か月と2週間が発ちました。
バタバタで飛び出した旅でしたが、やっぱり来てよかった。

新しい出会いあり、
親交を深めた再会あり。

期間としては長いとは言えないけど、深みのある旅でした。

さ、帰国したらどうしようかな?012.gif


とりあえず、月曜日に日本に到着します。
[PR]
by cayos | 2011-10-02 18:20 | 2011 仏留学

サザエ遺伝子

無事帰国しました~~~!!

夏がぶり返したかのようなパリとは打って変わって、日本はすっかり秋の空気。
涼しくて過ごしやすい。J'adore!016.gif

帰国当日、なんと私の中のサザエ遺伝子が大増殖。

朝は予定通りに起きて、荷物の最終整理。
バスの出発は8時半なので、8時15分に出ればちゃんと間に合う。
そこから逆算して、8時ごろにリビングに行き、別れを惜しみ・・・。

という予定でした。

8時少し前に部屋をノックされる。

「そろそろ出かけなくていいの?」

と、昨日一緒に時刻を確認したOlivier.

「え?005.gif8時半出発だよね?」

「いやいや、8:07出発だよ039.gif


ひょえーーーーーー005.gif
時間はすでに8時。
バス停まではちょっと遠い。

そこからはバタバタ。

Sperantaとの別れを惜しみたかったのに、時間がなく「またね~~~029.gif」って感じ。
センチメンタルも何もありゃしない(笑)
逆にそれで良かったのかな~。

Olivierがスーツケースを持ってくれて、私は機内手荷物を抱えて走った!070.gif
朝何も食べてないせいか力が出ない~。

でも無事にバスにはオンタイムで乗れました。
Olivierにお礼を述べたところでバス出発。
社内にいたおじいちゃんに、「暑いね~」と言ってもらう(笑)
(実際、この日も朝から夏日だったんだけど、加えて全力疾走のため汗だくw)


空港に到着して、昨日調べたとおり、第2ターミナルにてCDGvalに乗って第1ターミナルに行ってみたら
乗るはずのエティハドのカウンターが見当たらない013.gif
あわてず騒がずinformationに聞いてみると、第2ターミナルとのこと!005.gif
そこでまた来た道を戻り、ここまでで約30分のロス。
第2ターミナルに到着してカウンターを探したところ、なんと一番端っこ!遠い~~!!
ようやくカウンターに到着した時には既に10時。飛行機11:20発なんですけど・・・。
しかも長蛇の列!
またしても走ったため、再度汗だく。さらに冷房入ってないんじゃないかというほどの暑さ・・・。

ようやく私の番が回ってきた、と思ったら、私のパスポートを確認したところ「チケットセンターに行って」と言われる。
実は私、チケットの日程変更をしたんですね。
そういえばその変更費用をまだ払っていなかったことを思い出す020.gif

チケットセンターでは先客がいて、ここでもさらに10分ほど待つ。
ここでチケット変更費用を支払い、カウンターに戻ったところ、もう誰もお客さんがいない。
そりゃそうだ、もう出発1時間前を切っている・・・。

急がなきゃ、とカウンターで手続きを頼んだところ、
プリンターの不具合か何かで待たされる待たされる。
15分くらいしてようやくボーディングパスを受け取った時には、もう10:45。

出国手続きやら何やらを行って、ゲートに到着。
ところがここ、人であふれてる。
バスに乗って飛行機のところまで行くらしい。

そしてここがまた、暑いんだ!
直射日光が当たるところで、いい汗かいた。

やれやれ、という気持ちで飛行機に乗り込む。

そして気づく。なんとこの飛行機、赤ちゃんだらけ!005.gif

通りを挟んだ私の隣側のカップルは2人の赤ちゃん。
その前の席には2カップルにそれぞれ赤ちゃん。つまり2人。
そして向こう側にも赤ちゃんが・・・。

そのほかにも、少なくとも3人赤ちゃんがいた。

なんですか、今日は赤ちゃんの修学旅行ですか。008.gif

特に、私の隣の1カップル2赤ちゃん。この子たちが怪獣並みにうるさかった。
出発前にそのうち1人をあやそうと、狭い機内で赤ちゃんを振り回していたイタリア人父、
ごつんとどこかに赤ちゃんをぶつけ、すごい勢いで泣かす。
気持ちはわかる。でもあの振り回し方じゃ危ないって・・・。

他の赤ちゃんがおとなしかった分、ここ2人の怪獣ぶりが目立った。
そして彼らの席のまわりを汚しまくり(これは親の責任大。片づけないんだもの)。。。
小さい子を育てるのは大変だとわかる。
わかるけど・・・6時間どこにも逃げられない周りの私たち、かなりげっそりしました。
他の赤ちゃん連れのカップルもあきれ顔でこのカップルを見てた。

この飛行機、必死な思いで間に合わせて乗ったんだけど
結局出発は1時間遅れ。
でも到着は20分遅れで済んだ。

だけどアブダビで飛行機乗り換えの時間が1時間30分しかない私は、ハラハラ。008.gif
そしてその横では金切り声をあげる子供の声が・・・。

とにかく映画を観ることに集中しようと努力しました。あははは053.gif
[PR]
by cayos | 2011-10-02 08:00 | 2011 仏留学

帰る。

お久しぶりでございます。(なんかこればっかりだなw)
昨夜、無事パリに帰ってまいりました。
久々リアルタイム投稿です。

ボルドー近郊に10日間ファームステイをしておりました。
・・・と言っても、思いきりボルドーに近いわけではないのよね。
ボルドーとアングレーブの中ほど、と言った方がわかりやすいかしら。

本当にいろいろな体験をさせていただきました。
K子ちゃん、本当にありがとう。

この体験記は帰国してからぼちぼちアップしていきますね。

食って大事なんだよなぁ・・・と本当に考えさせられた10日間でした。
彼らはBIOの農家で(日本で言ったらオーガニック、ということになるのかな?有機栽培とは違うらしい・・・)
農薬や化学肥料を使わず、畜産に与える飼料も自家製。
地球にやさしい方法は、当然体にも優しく、そして作り手の健康にもやさしい。

当然手間も時間もかかる。
天候に大きく左右されるため、予定も変わりやすい。
朝早くから夜遅くまで一生懸命働いていても、それが収入につながることは難しいらしいです。

でも、やらなきゃいけないんだ。
そう言って黙々と働いていました。
多分それは使命感なんだと思います。
未来を受け渡す立場の私たちができること。やらなければいけないこと。
もっと小さく、個人レベルで、私ができることはなんだろう??

そして、安全な食づくりを追求する彼らの姿を見るにあたって、
考えるのはやっぱり日本のこと。
同じように頑張ってきた人たちが日本にもいるはず。いたはず。
大事に育て守ってきた大地や家畜を、放射能に汚染されるって、どれだけ悔しいか。どれだけ悲しいか。
そして、私たちの体は、日本の土壌で育った作物を食べて作られているんだってことを、忘れてはいけない。
つまり、日本という土地そのものが、私の血肉なんだ。


農場での生活は、確かに便利ではないかもしれない。
夜は本当に真っ暗で足元もおぼつかない。
でも満天の星を望むことができました。
コンビニやお店も近所にありません。
でも菜園で育ったもぎたての野菜や、くるみや栗、いちじくなど、旬のものをたくさんいただきました。
おいしかったなぁ。。。


豊かさって、なんだろう039.gif
つくづくそう考えた10日間なのでした。
[PR]
by cayos | 2011-10-01 18:23 | 2011 仏留学

眼福。

家を出たのが16時半、ルーブル美術館に到着したのは17時。
ルーブルは何度も来てるから迷子にならないよ~。

a0006933_2293292.jpg
一応、旅行者らしく写真を撮ってみる(笑)
a0006933_2305813.jpg
ちなみにカルーゼルもパチリ。




・・・と思っていたけれど。

予想外の事態が発生。

ルーブルの入館料10ユーロ。
オーディオガイドが6ユーロ。

それを払うと私の手持ちのお金が・・・

1ユーロちょっと。


日本円にして200円足らず。

いいのかな、これ。
何かあった時どうする!?008.gif
ガイド、我慢した方がいい??

・・・。
いいやいいや、大丈夫。なんとかなる!
帰りの電車券はあるんだし~。003.gif

と、強行突破(笑)
しかし問題はもう一つありました。
ガイドを借りるのに、身分証明書がいるってことをすっかり忘れてた。
通常はパスポートとかを預けるんですが、無いので、クレジットカードを預けてみた。
で、無事OK。

さて、今回はイタリア美術の鑑賞が目当てでした。

オーディオガイドもずいぶん進化しておりまして、映像も表示されたりします。
だがしかし。
機械の反応が鈍いっ!021.gif
押してから次の動作までかなりの時間がかかる。
ううむ。ストレス。
また説明が詳しいのはいいのだけれど、長いのよ。
おいしいところだけ、パッパっと教えてくれればありがたいんだけどなぁ(わがまま)。

もし、スマホなど接続できるのならば、ルーブル美術館の公式サイトの説明を読む方が時間効率が良いと思います。
現にiPad片手に鑑賞してる人もいましたしね。


ルーブルは写真撮影OK(フラッシュはダメです)なので、「053.gif」というものを撮影してまいりました。

a0006933_2503338.jpg

素敵よね~016.gif
これを作るのに5年の歳月を要したそうです。



a0006933_2582166.jpg

教科書で見たことある!という野次馬的ノリでパチリ。


a0006933_761986.jpg

言わずと知れたドラクロワ。


a0006933_7102267.jpg

これ、実際に起こった事件をもとに描かれたんだよね。
まるで本当に見たかのようなリアルさ。迫力あります。


a0006933_713189.jpg

オダリスク。
良く見ると身体のバランスが変。でも、このカーヴィなところが逆に美しかったりするんじゃないかなぁ。


続く。
[PR]
by cayos | 2011-09-14 22:24 | 2011 仏留学

洗濯日和

水曜日。

昨日の芸術のシャワーは思った以上に心地よかった私。016.gif
いいお天気が続くこの日も、どこかに行こうと企てておりました。

水曜日は、ルーブル美術館の開館時間が長い(21:45閉館)。
なので、今日はここに決めた!012.gif


・・・なのだけれど。

そろそろ着替えの服がなくなってきたことに気づき、洗濯をすることにした。
腹が減っては戦はできぬ、服が無くては出かけられぬ。

ということで、友人宅の「去年買ったばかり!」という洗濯機を借りることにした。

a0006933_712820.jpg


去年、フランスに4か月滞在しているときに、コインランドリーなどでフランス式の洗濯方式に慣れてきたとはいえ、
家庭用の洗濯機は初めて使う。
お湯で洗うんですよね、こちらは・・・。
汚れを早く落とす効果や、殺菌効果も見越してのことだと思うけど、
縮まないかな?大丈夫かな?

しかし、ボタンが多い!
どれを選択したらいいものやら、洗濯機だけに悩む。(おやじギャグ)

a0006933_7135120.jpg


とりあえず、なんかよさそうな機能があったから、使ってみる。

・・・そしたら。
仕上がり時間らしいものが表示されたんだけど。・・・7時間? 長すぎる005.gif

でもまあ、試してみた。

午前中はそのほか掃除機かけたりしてみた。
乱雑だった部屋が少し片付いてほっとする。

友だちにメールを書いたり、Facebookを確認したり・・・
お昼過ぎには洗濯物を干して出かけられると思ったけど、まだ終わらない。

14時。
スペランタがPizzaを買ってきてくれて一緒に食べる。

・・・まだ終わらない!

15時過ぎになってようやく終了の合図。
本当に7時間だった・・・050.gif

これから干したらいつ乾くんだ~~~002.gif

と思ったら。
なんと、乾燥機能を使ってたらしい私。

結構しっかり乾いたので、これはこれでお得だったかも!
ジーパンはしわだらけ状態で乾いちゃったけどね(笑)

手早くたたんで、行く準備をしたらもう16時。
どうしようか迷ったけど、やっぱり行くことにした~。夜までやってるんなら結構見られるもんね。

そこで、スペランタに今日は帰りが遅くなる旨を伝えて、いそいそ美術館に向かったのでした。
[PR]
by cayos | 2011-09-14 15:00 | 2011 仏留学

リベンジ

火曜日の日記は3部に分かれてます(笑)

美を堪能しきった私、帰宅前にまずすることがありました。
それは、食材購入!

スーパーで夕食の材料を購入。
問題なく買えたのですが、おつり5セント足らなかったよ・・・ちょっと兄さん!
後で気づいたので何も言えなかった。悔しい。033.gif

昨日、うどん作りがちょっと納得のいかない出来だったので、今夜は簡単なものにしました。
(いや、うどんもそんなに難しいものじゃないはずなんだけどさ・・・)

なすの炒め物と焼き豚とサラダ、そしてパン!
冷蔵庫にあった残り物のナスをマヨネーズでいためて、つゆで煮込んで出来上がり。
そして豚は塩コショウで焼くだけ。ちょっと昨日の残りのつゆを少々かけて出来上がり。
サラダは切って混ぜてバルサミコ酢と粒がらしをかけて出来上がり。

すごく簡単。でもとてもおいしく出来上がって満足016.gif


料理下手の印象がちょっとは払しょくできたかなぁ(笑)
この程度じゃ無理??

でもフランスって食材の味が濃い気がする。だから私でもかなりの割合でおいしく料理できる。
・・・だからフランスすきなんだよなぁ(笑)


そして夕食の席で、本日ネットが接続できなかった理由が判明。

なんと!料金払ってなかったらしい(爆)
そりゃ止められるよね003.gif

奥さんのスペランタはその理由がわかって旦那さんにプンすか022.gifだったけど、
その理由を聞いた私は、

「あああ~ほっとした!私のせいでつながらなくなったと思って心配してたんだよ~~~!!
 前回も私が加わってから繋がらなくなったから。何はともあれよかった~~~~!!003.gif

と思いきり笑顔で応えた。
そしたら彼女もつられて笑顔になった003.gif

「ほんとにかよこは私をいっぱい笑わせてくれるわ~。帰らないでずっといて欲しいよ003.gif

嬉しい一言012.gif
私もできれば帰りたくないです~~(笑)
[PR]
by cayos | 2011-09-13 18:00 | 2011 仏留学

Impression

家を出るのが遅すぎるかなぁ、と思ったのですが、
ここで行かなきゃ女がすたる!(?)と思って
13時半過ぎ、出かけました。

マルモッタン美術館の最寄駅までは難なく到着したのですが、
美術館が・・・見つからない・・・。002.gif

途中までは表示が出ていてその通りに来たのですが、突然その表示がなくなった。
ちょっとぐるぐるしていたら、「PARISはここまで」的な表示が出てきてびっくり005.gif

良く迷子になる私、「違う、この先じゃない、絶対違う!」と変な勘が働いて、踵を返しました。

今思うとその勘にしたがって良かった(笑)

色々歩いていたら、美術館の標識が復活!
・・・なんとかなり遠回りしていた模様。

建物はそれらしいのを見つけたけれど、入り口がわからず008.gif
中で作業をしていたおじさんに質問したら、「すぐそこだよ」と教えてもらった。
・・・さっき、通ったところじゃない。全く目に入っていなかった私070.gif

とまれこうまれ、無事美術館に入館。
ちょっと無愛想な係りの人に入館料10ユーロを払い、オーディオガイド料3ユーロも払う。
初めてだったのですが、ここの美術館では自分の荷物を預かってくれます。
というか強制的に預けなければいけません。写真撮影NGです。(フランスでは珍しいんじゃないかしら)

さて、入ったものの。

どこから見るんでしょう??005.gif

マルモッタン美術館はもともと邸宅だったところをのちに美術館にしたものなので、
順番も何も、自由に見てちょうだいよ~ってかんじです。

しかし、オーディオガイドのお金を払ったはいいが、機械はどこで借りるのか・・・

1階、2階、お土産屋さんと回ったけれど、それらしきところが無い。
らちが明かないので質問したら、なんと入り口のクロークで貸し出してるとのこと!
なんだ~最初に言ってよ~。・・・って言われたけどわからなかったんだろうか? orz


マルモッタン美術館、平日の午後に行きましたが、人は少ないし、のんびりできてとてもよかったです。
オーディオガイドも多すぎず少なすぎずでちょうど良い解説量。

ナポレオンに関わるものがたくさんあります。肖像画や調度品等々。

大きな時計が飾られてあり、解説文を見ると1日2度(4時と16時)、時計の仕掛けが働くとのこと。
朝は当然無理なので、16時が狙い。あと30分くらいあるのでそれまで絵画鑑賞に集中しました。

2階には細密画のコレクションがたくさん。
カリグラフィーが美しい!
見ているだけでうっとりします・・・016.gif

私はキリスト教のことをほとんど知りませんが、
知っていたら「あのシーンだ」「このシーンだ」とわかって面白いんじゃないかなぁ・・・と、いつも思うんだよね。
勉強しなくては。でも、その信仰にはまりたくはないんですよね、実は。


しかし。マルモッタン美術館といえば、何はさておき「印象派」でしょう!016.gif

地階にはモネの作品が一堂に会しています。
有名な睡蓮も数点展示されています。

しかし一番見たかったのは、これ!

「印象・日の出」。


そう、あの有名な「印象派」の発端となった作品です。


もうね、ずっと見ていたくなる感じでした。

まだ眠りから覚めきっていない風景の中に、鮮やかな朱赤の太陽。
テレビや写真で見ていたものより、ずっとビビッド。
蛍光色みたい。

静だけど動。

この絵の前に私1人が対峙できる、この幸福と言ったら053.gif


至福の時間でした。

(しかし、モネの絵を見ている最中、ずーーーっとイタリア夫人が絵の説明を大きな声でしているのが非常に残念だった。。。
 たった一人の人に説明するのに、なぜそんな大声をあげなければならんのか。033.gif


そのほかにも有名な太鼓橋を描いた作品や
バラの庭を描いた作品もありました。
同じモチーフ、同じ構図で描かれた数枚の作品は、色遣いが全く違っています。
それは、モネが晩年になって苦しんだ白内障の影響でしょう。
それでも、描くという行為。描くことに向かわせる情熱。
その感情は私にはうかがい知れないけれど、真摯な気持ちが痛いほど伝わってきました。


やっぱり、芸術って、素敵。

a0006933_3451356.jpg ちょっと映りが良くないけど、美術館の入館証とオーディオガイドチケットの裏面です。
右は上にも書いた「印象・日の出」、左はルノワールの描いたモネです。二人は仲良しだったみたいですよ。
[PR]
by cayos | 2011-09-13 14:52 | 2011 仏留学
火曜日。

朝からいいお天気です。
こういう日はやっぱりどこかに行きたくなる。

そこで、急きょマルモッタン美術館に行くことにしました。

さて、ではどこにあるのか調べよう~。
・・・とネットを接続しようとしたところ

つながりません!007.gif

実は、前回春にこちらにお邪魔した時も、最初はつなげていたのにしばらくしてつながらなくなったことがありました。
私だけでなく、居住者全員・・・ネット接続できない。
その時は、ベランダに出てほかのOPENなWifiに接続していたのでした。

そして今回。
前回調子が悪くなってから復調しなかったそうで、新しい機械になっていました。

なーのーにー!
また接続不可。
今まで接続できていたのに。

・・・これって、私のせい??007.gif

家主であるスペランタは、ネットがないと仕事ができないため、外に出かけてしまいました。

私は、昔取った杵柄で、関係機材のオンオフを試したりしましたが、やはりだめ。
インターネットを経由してみるTVもすべて見られない状態。
(ちなみにテレビとルーターは別々のラインで壁からつないでいる状態。)
・・・ということは、これは上流側がオフになっている可能性が大と思われました。

なので、あきらめて美術館に行くことにしました。
[PR]
by cayos | 2011-09-13 13:00 | 2011 仏留学

失敗・・・

月曜日。

朝、会社に出かける友人を玄関先で見送った後、不覚にも二度寝~。
目が覚めたのは10時ころでした。014.gif

それからネットを見たり、ぐだぐだ~。
あまり天気が良くなくて、外へ行く気分になれなかったのと
月曜日って、休館してるところが多いのとで
ずっとおうちにおりました。

しかし急激に「こんなんじゃいか~~~~ん033.gif

という気分になった。
ただ友人の家にご厄介になってるんじゃ、お荷物だわ。

それからは友人と連絡を取ったり、滞在を楽しむ方向に変更!
去年の語学学校時代の友人でパリ在住の子と再会する機会を設けたり、
あとは、なんと!005.gif
春先に飛行機遅延がきっかけで仲良くなったフランス在住の日本の方のお宅に遊びに行かせていただくことになりました。

ほんと・・・一期一会012.gif

その後は夕食を作りました。
日本から持ってきたうどんを調理。
後は冷蔵庫の中にあったお味噌と牛のミンチを炒めてうどんの具に。
これだけじゃなんなので、やはり冷蔵庫にあったトマトとカマンベールを角切りにし、サラダを作る。

さてお味は・・・

うっ020.gif
つゆが煮詰まってしょっぱくなってしまった・・・。

食べてくれた友人2人にちょっと申し訳なかったな・・・
ということでリベンジを胸に誓ったのでした!
[PR]
by cayos | 2011-09-12 20:04 | 2011 仏留学

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos