<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

太陽と水の出会い

今日から社会復帰!
バイト再開です。

社員食堂がお休みで外に出たら、虹発見

a0006933_1844886.jpg


最近虹にいっぱい遭遇してるな~
[PR]
by cayos | 2007-08-13 18:03 | 日記

最近見た映画。

と言っても映画館じゃないのですが。
大画面でたまには観たいわぁ。

ネタバレしないように書きます^^

①スパイダーマン3

これで多分完結…かな?
うーん、なんとなくスカッと爽やか感が無かったような…。
普通、みんなに受けるからって、あんなことまでしますかね??
あそこらへんで彼に感情移入がしにくくなった。。

②Ensemble, c'est tout

フランス映画。アメリの主役、オードリー・トゥトゥが出てます。
恋愛映画です。
お互い意地を張って、なかなか素直になれず
最後は、ちょっときゅーん。
男がズルイ~~~。でも分かる~~~。

③「行かないで」

これもフランス映画。題名は忘れちゃった・^^:でもこんなカンジ。
恋愛コメディー映画。コレは面白かった!
まずもう、シチュエーションがおかしい。
主人公は精神科の開業医。
彼の患者である、ラファエロ。
最近恋に夢中の彼。
話を聞けば聞くほど、その恋の相手は自分の妻のように思えてきて…!?
このやりとりがなかなか面白かった!

④CHICAGO

以前も観たことがあるけれど、復習のつもりで観ました。
キャサリン・ゼタジョーンズ、いい声してるねぇ。
ダンスもうまいし。
彼女はWEST ENDで舞台に立ってたこともあるっていうから、納得。
レニー・ゼルウィガーも歌うまいなぁ!!
CHICAGO。映画もいいけど、舞台はもっと好き♪

⑤プラダを着た悪魔

先日のTSUTAYA事件wで借りてきたもの。
「もう旧作料金だ!!」
と思ったけど、そうだよね、4月くらいにレンタル始まって4ヶ月経ってるんだもんね。
アン・ハサウェイはかわいい♪
お洋服も観ていて楽しい♪
…でも深い映画ではないかなぁ。。。
最後もちょっと肩透かし、に感じた。

⑥記憶の棘

ニコール・キッドマン主演。
10年前に亡くなった夫を今でも慕う彼女。
ついに再婚を決意した矢先、夫の生まれ変わりだ、と名乗る少年が現れ…
というストーリー。
こういう事が実際自分の身の上に起きたら、すごく困るなーー。
と思いました。
これも、あんまり後味は良くない。。。かも。

さて、後は「王妃マルゴ」を観なくては♪
…その前に、また自転車取りに行かなくちゃ><。
[PR]
by cayos | 2007-08-12 18:01 | 映画
本当はロンドン日記書こうと思ったのだけれど、
あまりにもショックなので、まずこちらから。

今日はTSUTAYAの半額デー。
借りたいものを借りてほくほくで帰ろうとし、駐輪場へ行きました。

自分の自転車の前に来て、ハタと足が止まる。

…自転車のカギの番号、なんだっけ???

私はよく自転車のカギを無くしていたので、
手に持ち歩くタイプのカギではなく
施錠してからボタンをプッシュして開けるタイプのカギをつけています。

ところが。
皆様ご存じの通り、2ヶ月不在にし、
久しぶりに自転車に乗り、
当たり前のように鍵をかけ、
当たり前のように鍵を開け…られない!

どのボタンで開けるのか思い出せない

2ヶ月のブランクよりも長い間、ずーっとずーーーっとこのカギを使っていたというのに!!!

なんてこったい…

幸い押すボタンの数を覚えていたので
すべてのパターンで試してみた(はず)。

なのに。

開かない!!

カギの部分の油が切れて、開きにくくなっていたのを思い出しました。

キーーー!!!← 一応ダジャレ。


四苦八苦してもダメ。
それを見かねた通りすがりのお兄さんが助けようとしてくれましたが
残念ながら開かず。

夜も遅いので、帰宅することにしました。。。


ほんっと、このサザエぶり、誰か何とかして~~~~
[PR]
by cayos | 2007-08-11 17:59 | 日記
①食器の後かたづけはドイツ式。

これは、フランスキャンプをしたときに、
ドイツ人夫妻の後かたづけ方法を見て学びました。

1.熱めのお湯をたらいに張って、洗剤をちょっと入れる。
2.その中に汚れた食器を入れる。
3.スポンジで洗って、張ったお湯に戻す。
4.全部洗い終わったら、食器の泡泡を張ったお湯で切って外に出す。
5.たらいをすすぎ、また熱いお湯を注ぐ。
6。そのお湯に食器をくぐらせて、流しバットに入れておしまい。

こうすると水や洗剤の節約にもなるし、食器の乾燥も早いです。
カンタン♪

②ベランダ緑化計画に目覚める。

フランスの友人宅に影響されました。
また、アイルランドの緑の美しさにも影響されています。
人間は土がなきゃ生きていけないのよね。

③日焼けした。

ここ10年近く、焼けたことがなかった、
色白だけがとりえだというのに、焼けてしまいました><
ちょっとガッカリです…。

④部屋の模様替えをしたくなった。

アイルランドのB&B(ベッド&ブレックファスト)や
ベルサイユ宮殿のプチトリアノンの影響です。
もう少し、かわいらしく手を加えても良いかなと

⑤英語がもっと好きになった。

思っていた以上に、結構使えたんですよ、英語。
冗談も言えるようになったし^^
だけど、文法的にはまだまだだし
自分の言いたいことをもっと流ちょうに言えたら、
きっともっと楽しい!!
だから、もっと英語を話せるようになりたいです。今。

⑥フランス語もかなり楽しくなった。

発音は、結構褒められました♪
「トイレはどこですか?」は、自信持って言えますw

⑦時差ボケ。

昼間眠くなって、夜寝られないと言う生活です。。。
ってか、暑すぎるよニッポン!><

⑧…肉が付いた。

…これは。どうしたものか…うむむむ。
[PR]
by cayos | 2007-08-10 17:58 | 2007年欧州旅行
気づけば既に1ヶ月前!!
早いものです。

行く前日はかなり天気が悪く、
雨を覚悟して1日観光バスツアーに出かけました。
起きたのは朝5時半。
何しろ集合時間が7時15分。チュイルリー公園のほど近く。
最寄り駅からは約30分かかるので早起きしました。

余裕をみて出かけたのですが、
なんとしょっぱなから乗る路線を間違える;;
しかも両親も私も気づかず…
まあ、パリは歩いてどこでも行ける(時間があれば;)ので
予定とは違う駅で降りて、歩きました←というより、小走り

問題なく到着。
朝出発のバスツアーが他にもあり、集合場所はごった返してます。
私が利用したバスツアーは○ティバスという、バスツアー会社の中でも最大手と言ってもいいところ。
日本人客だけではなく、各国様々なお客さんがいました。
パリには、本当に色んな国の人が観光に来ているのだなぁ。。と改めて実感しました。

いよいよバスに乗る時間。
降り続いていた小雨が少し止み、ふと空を見上げるとなんと虹が!
幸先良さそうで、なんだか嬉しくなったのを覚えています。

バス内では、ガイドさんが3人。
英語・イタリア語・日本語で、それぞれが説明してくれました。
日本語ガイドをしてくれたフランス人らしきおじさんは
乗って最初の案内で、
「ジャ、お客様。お疲れさまでした」
と始まったのがおかしかったw

パリから約4時間。。。
モン・サン・ミッシェルが見えてきたときは、ぞくぞくっとしました。
海の上に、まるで浮いてるかのように見える、要塞のごときその姿。
美しいのです。

途中で名物オムラレツを出してくれるところで昼食を取ったのですが…
さすがバスツアーで行くレストラン。
サービスがかなり良くない…
お皿の置き方も、ゴトン!って乱暴だし
ウェイターさん達の愛想がまたよろしくない。
加えて、お料理もあんまり…;;
楽しみにしていたオムレツも、「こんなものかな?」って感じ。
多分、島内で食べる本家のオムレツは、もっと美味しいと思います^^;。

その後は最大の目的である、モン・サン・ミッシェルを観光!
例のガイドさんが、旗を持って「サクラ組のみなさん、こちらです~~」と案内してくれましたw

建築のことは全く知らないけれど、
いろいろな様式が混じり合っているのがとても面白かった。
食堂の横にはトイレがあって、
そのトイレから用を足すと、モノはそのまま垂れ流し(失礼!)になっている、とか
僧侶達が歩きながら瞑想した回廊には、足洗い場がある、とか
下から荷物を運ぶための、大きな滑車とかを観ました。

この中で印象深かったのは、事物自体もそうなんですが
建物内でうるさい人がいるときに、ガイドさんがちゃんと注意すると言うこと。
サン・シャペルに行ったときはその建物の係の人が注意していましたが
ガイドさんも注意するんだなぁ。。。と思いました。
でもその注意の仕方もイヤミじゃなくて、
ぴりりとエスプリを効かせた注意でした。
おかげで集中して観光できました。

モン・サン・ミッシェルを出て、幅40センチくらいしかない通路を歩いて…
その後は自由時間。
…と言っても、モン・サン・ミッシェルをもう一度観ることは出来ません;
おみやげ屋さんを巡ることに。
でも、どこもかしこも人人人!!
うろうろしたあげく、オムレツで有名なプラール夫人の昔ながらのレシピ集を買って終了。

帰りのバスに乗っていると、航空ショーの練習らしき3台の飛行機が
華麗に空を舞っているのが見えました。

そしてまた、虹が見えました。

虹に始まり、虹に終わった、モン・サン・ミッシェル観光でした~。

ちなみにパリに帰り着いたのは21時半。
その後、友人と待ち合わせて、家の近所でディナー。

充実した一日でした。
[PR]
by cayos | 2007-08-09 17:56 | 2007年欧州旅行

これか!

広報驚き「ビリー」100万突破
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=269704&media_id=2

在仏時にマイミクみーたんやモリゾちゃんからメールをもらった
「すごいことがおきている」とはこのことか!
…浦島太郎気分ですわ。

旅行時はダイエット休止期間にしていましたが
お陰様ですごいことになってしまいました…

あのね、フランスでは食べ物がおいしすぎるし
ロンドン・アイルランドのEnglish BreakfastとIrish Breakfastは多い&しょっぱいので
太るのよ~太って仕方が無いのよ~~~!!!>自分を慰めモード

しかし、日本人はやせてる人が多いね。
食生活がやっぱりヘルシーなんだろうね。
&運動もしっかりやっていかなくては!!
頼むぜビリー!
[PR]
by cayos | 2007-08-08 17:55 | 日記

忘れないうちに。

備忘録みたいなもの。

フランス・UK・アイルランドを回って
ぴったり2ヶ月ぶりに戻ってきた日本。
プチ外人的視線で今まで気づかなかった発見があったので
忘れないうちに書いておきます。

①文明大国!

…なんだなぁ、と改めて感じました。
(文化大国、ではないのが残念)
成田空港のトイレに入ったところ、ウオシュレット!
他の国ではまずお見かけしないシロモノ。
しかも、トイレの音消し「音姫」あり!
…でもトイレって、みんなすること同じじゃんねぇ。
日本人の潔癖さを改めて感じる。
空港のカートは使いやすいし、
アナウンスや案内板は事細かにされてるし(されすぎ?w)
大量の荷物を抱えていても、どこにいっても大概エレベーターがあるし、
すっごく便利な国なんだなぁ、と思った。

②明るい。

日本って本当に照明が明るい!
どこ行っても蛍光灯が明るく照らしてるよね。
でも白い光だから、どうも硬質な印象。
パリなどは、空の上から見ると、街の明かりがオレンジであたたかみが感じられました。
間接照明なども多いので部屋の中は少し薄暗かった。
でも、ちょっと暗い方が女性は綺麗にみえるんだけどねw

③どこ行っても町。

これは②とも関連しているんだけれど
日本はどこ行っても町が続いてるのね。
アイルランドやフランスでは
ちょっと栄えてる町をずーっと通り過ぎると
すぐ緑の牧草地やら森林やらになって、街の終わりが分かったのだけれど
日本はずーっと町。
だからずーっと明るい場所が続いてるんだなぁ。

④日本語って…長い。

税関で係りの人に「こんにちは」、と声をかけたところ
この言葉の長さに改めて気づいた。
英語では「He-llo」
フランス語では「Bon-jour」となるわけだけど
これらの言葉はふたつの音で成り立っているので
口にするのがすごく楽。短いから。
でも日本語は「こん-に-ち-は」と3つの音。長い!
だからあんまり挨拶しないようになったのかも。。。
バスの中でぶつかった時、「Sorry」と言いそうになって
(おっと、ここは日本だ)と思い言いなおそうとしたら
「すみません」…5音も必要なのよ。長い!
ありがとう、というのもちょっと長いかなぁ。
でも、ゲール語の単語よりは短いのでヨシとしましょうか

ちなみに、税関の人。
私が挨拶したらびっくりしてた。
小さな声で「…にちは」って返ってきましたよ。
日本人が日本の税関で挨拶するのって珍しいのかな??
[PR]
by cayos | 2007-08-08 17:53 | 2007年欧州旅行

帰国!!

予定よりも一日長い滞在となりましたがw
無事帰国~~~~!!
今は我が家からmixiしてます。

2ヶ月ぶりに帰ってきた家は、どことなく他人行儀の顔をしています。
明日は洗濯機をがんがんまわさなくちゃ!

mixiの日記は旅行の途中で更新出来無くなっちゃったけど
フランス・ロンドン・アイルランド、エピソードには事欠きません♪
時間かかりますが、ちょこちょこアップしていきますね

…って、絵文字使おうとしたら、うわ!
むちゃくちゃ種類が増えてますね~~~!!
色々使うのが楽しみだワン
[PR]
by cayos | 2007-08-07 17:52 | 2007年欧州旅行

ありえな~い

…と思ってた事が、現実に

私、今日帰国予定…「でした」。
はい、過去形です。
今ごろ空の上にいるはず「でした」。

なのに…まだダブリンにいます。

なななんと!に乗り遅れる、という、マンガのような事態が発生

果たして私は無事日本に帰国できるのでしょうか?!
待て次号!(笑)
[PR]
by cayos | 2007-08-06 17:51 | 2007年欧州旅行

酒、また、酒。

a0006933_2045938.jpg


a0006933_20451994.jpg

a0006933_20452777.jpg



サントリーの工場で、ただ酒を満喫した私たち。
「いやぁ~サントリーって、良い会社だねぇ」
と口々に言いながら、その場を後にします。(結構ゲンキン)

その後、別のところでワイン調達。
写真は、ワイン畑…じゃなくて、ブドウ畑ですね。

ここでワイン選びのために
ソムリエさながらワイン試飲。
いろんな味があるものなんだねぇ。

面白いことに、「おいしい!」と思えるものって
結構一致してるんですよ。
一本に決めかねて、二本ゲット!

その後、温泉に行きました。結構飲んでるので危険…

でもすっかり満喫して女性陣がお風呂から上がると
男性陣はもう「早く帰りたい」ビームをバリバリ放出してました。

そして酒池肉林の宴が始まります~~
[PR]
by cayos | 2007-08-01 20:42 | お食事

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos