<   2011年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

占領

されてます。私のベッドが。

こんなあられもない格好したり

a0006933_6143169.jpg


なんだかがっつり寝るじゅんびしてるような気が・・・

a0006933_6154618.jpg



今夜、ここのおうちのお嬢さんがいないので、
ふらりと私の部屋にやってきたのです。

しばらくわたしの膝の上で寝てたんですが、
やっぱりベッドの方が良いらしい。

で、とうとう。

a0006933_616537.jpg



本格的に寝る準備。

シャワー浴びて帰ってくるまでには、そこの場を空けてくれるかな・・・^^;
[PR]
by cayos | 2011-08-28 06:17 | 2011 仏留学

C'est vraiment bon week-end!

こちらに来て初の週末です。
朝もちょっと遅くまで寝ていられて、優雅に朝食をいただきます。
いつもはカウンターで急いでとる朝食ですが、今朝はゆっくりダイニングにて。

ランチをよかったら一緒にどう?というお申し出があったので喜んでいただくことに!
(通常このホームステイにはランチは含まれてないんですよ~)

ここのマダムはお料理上手で、本当においしい!
今日はベシャメルソースを絡めたポークとパスタ、カリフラワーという組み合わせ。

a0006933_1314969.jpg


お代わりしたいのをぐっとこらえました。
だってだって・・・

デザートがあるんだもの!

マダムもお嬢さんもお料理が好き。
そして毎夕食のデザートは欠かせない!
週末にはランチにもデザート?す・素敵すぎる。016.gif

a0006933_1362098.jpg


「ショコラ・ヴィエノワーズ」というケーキだった気がする。(定かではない・・・)
このケーキこれだけでもおいしそうなんだけど、実際いただくときは、倍率ドン、さらに倍!

a0006933_244747.jpg


アイスクリームがついてくる!
お店のようだ~~。016.gif

2切れもいただいて、おなか一杯053.gif

ホストシスターの彼氏が遊びに来ていたので、
日本の漫画の話などで盛り上がりました。
(「海賊」(ワンピースの影響)とか「貴様」(ナルトの影響)とか、いろんな日本語を知ってたよ001.gif

会話をゆっくり楽しんだ後は、近所の図書館に行きました。
子供向けの本がいっぱい見つかったのがうれしかったなぁ~。
そしてフランスの漫画本も結構おいてあった!
滞在期間が長ければ、借りまくったんだけどな・・・。

日月は休館日のようなので、火曜日あたりまた遊びに来ようと思いました♪
[PR]
by cayos | 2011-08-28 00:27 | 2011 仏留学

信じられなーい!!

金曜日の日記です。

今朝はバタバタでした。
同じホストファミリー宅に滞在していたジョゼフィーヌが発つ日です。
彼女はアルゼンチンから来ている女の子。かなり美人。
以前にアメリカ留学も経験している国際派です。

朝食を一緒に取ってから私は急いでシャワーを浴びて、彼女の出発に間に合わせた。
ホストシスターの方が先に出かけるので、シャワーを浴びるのをちょっと遅らせたのよ~。
そしたら彼女の出発ギリギリになっちゃった。
でも、無事Bon voyage!と伝えられてよかった。042.gif

さてそこから。
着替えるので目いっぱいでメイクもできなかった008.gif
外は激しい雨。
3階の部屋から1階に下りて、玄関口まで来てから鍵を忘れたことに気づき取りに行ったり、
そうこうしている間にああ~~~時間が過ぎていく~!

なんとか授業には間に合いましたけどね023.gif


金曜日は一週間の最後なので、今日が最後の出席になる生徒が多かったです。
特にこの日は夏の終わりでもありましたからね。
生徒がたくさんいなくなるので、クラスが閉鎖される可能性もあったのですが
私たちのクラスは無事存続決定!
Hubert(先生)の授業が来週も受けられると知ってほっとしました001.gif053.gif
最後の日なので写真撮影大会!
なのにメイクしてないじゃん私ったら008.gif
あああ~。私のイメージが崩れていく・・・(最初から崩れっぱなしだって。)

それからご飯を食べて、いったん家に戻りました。
なんでか?もちろんメイクするためですよー!
午後の授業でも写真撮影があるかも?と思って。

でも残念ながらありませんでした・・・
しかもこの午後のクラスは今日が最後。
やっぱり人数の関係でクラス閉鎖となったのです。残念。

その後、昨日ランチを一緒に取ったお友達と飲みに行く約束をしていたので
学校の本館に行ってみると、何やら人だかりが。
(まあ、金曜日はいつもこんな感じなんですが)

で掲示板を見て、あ!と思いだす。
そうだそうだ、水曜日に受けたDELFという試験の結果発表があるんだった。

・・・実は、まーーーーったく手ごたえがなくて、どころかひどい有様で
自分の中では「不合格」がラストアンサーだったんですね。
まったく準備していなかったし、一夜漬けするつもりがお友達とビール飲んで勉強気分が吹っ飛んじゃったし(笑)、おまけに口答試験は確実にひどい出来だったし。

なので結果を見るということをすっかり忘れていたのでした。
で、いざ貼り出された紙を見てみると

・・・
あれ?
おかしいな。
私の名前が、ある。

あ、そうか、これは受験者全員の名前が載ってるんだ045.gif
ヘンに納得していたら、レセプションで名前を呼ばれた。

「はい、おめでとう♪ 証明書よ。でもあなたはちょっと試験に遅れたから合格してないのよ」

そういわれて、「ああ~、試験受けた人全員に配る結果の紙なんだなぁ~」と思ってたら
「ウソウソ、冗談。合格おめでとう」
と言われた。

え?合格?005.gif
つゆほどもその可能性を考えてなかったから、ただただびっくりした!

とにかく、目標の一つをクリアできてよかった~!

神様に感謝053.gif
[PR]
by cayos | 2011-08-27 22:04 | 2011 仏留学

ランチにおしゃべり

ランチを食べながらおしゃべりしたのは、もしかしたらこっちに来て初めてかも。

まあね、まだ3日しか経ってませんがね。012.gif

今日は、去年私のクラスを一番長く担当してくれたステファニーとご飯を食べました064.gif

お互いの近況を話したり、これからのことを話したり、はたまた出会う以前のことを話したり・・・
とにかく、ネタには事欠きません。だって今を時めく乙女ですもの056.gif

とにかくよく話に出たのは、去年のクラスは良かったねぇ~053.gifということ。

もちろん夏も、短期集中でガリガリやるにはいいのですけれど、
のんびり、じっくり、確実に、
そして学校自体が一つの家族みたいに、ほとんどみんな知り合いになれる夏以外のほうが
断然いいな、と思います。
長期にわたって勉強できるならね。

Club du Mondeという、なんというか、部室みたいな雰囲気の場所がありまして
「そこに行けばだれかに会える」
みたいな感覚があったのですが、
残念ながらお昼時、一番混むときに行ってもほとんど誰もいませんでした・・・。
あそこで一緒にお昼を取るうちに、いつの間にか仲良くなった・・・てことも去年体験しているだけに
誰もいないのはちょっとさみしいですね・・・。007.gif

去年からの知りあいで今カビラムにいるのは
お世話になった先生方と学校の職員さんと、
同じクラスで学んでたYさん(日本人。日本では再会していないのにこちらで再会するなんて005.gif)。
いずれも私との再会を喜んでくれて、本当にうれしかった!

学校や町の様子、外側の様子があまり変わっていないだけに
友人たちの不在という内側の変化がくっきり浮き彫りにされて
かなりさみしくなったのも、事実です。007.gif
新しい友達を作りたいけれど、この週末にクラスのほとんどがいなくなってしまうし
来週末は私がいなくなるし007.gif

明日の朝、先にホームステイをしていたアルゼンチンのジョゼフィーヌが出発します。
今日は彼女の送別会でした。

お別れするのは、いつもさみしいですね。
でもFacebookでつながれることも多いので、この出会いを大事にしていこう!
[PR]
by cayos | 2011-08-26 06:24 | 2011 仏留学
到着までの日記と合わせて、リアルタイムの日記も書きましょうかね。


学校が始まって今日で3日目。
昨日の午前半日でDELFというテストも受け終わったので
(まあ、あとで書きますがさんざんでしたわ042.gif
授業に専念できるようになりました。

とりあえず朝8時まで登校からようやく解放される003.gif

7時半に起床して、こっちに来てから初めてちゃんとメイクできました。

早めに学校に到着してがっつり先生の真ん前の席を確保。

昨日まではクラスでちょっとおとなしめにしていました。
新入りだし、クラスの雰囲気や生徒さんの様子などをちょろっと観察してたんですね。
後は、何より、やっぱり疲れが残ってた。

でも今日からは056.gif
攻めモードに入りますよ~!

ガンガン発言。
ガンガン笑いを取る。

やっぱり引いてみてる時より、こっちの方が圧倒的にみんなと仲良くなるスピードが速いな、と実感。
そりゃそうだよね、こっちから懐に飛び込まなきゃね。


ようやく仲良くなれそうな兆しがあったんだけど、
残念ながら今週中に多くの生徒が語学学校をあとにします。
なので、もしかしたらこのクラスは消滅するかも・・・だそう。
午前中だけじゃなくて、午後のクラスも!

残念だなぁ007.gif
先生やクラスメートともようやく仲良くなれそうだったのに。

仲のいい友だちを作るには、2週間は短すぎる・・・。


でも、自分にできることをめいっぱいしてみよう!
結果は、あとからついてくるはず053.gif
[PR]
by cayos | 2011-08-26 06:04 | 2011 仏留学
さあ~、ここに来るまでかなり引っ張りましたが(笑)
いよいよ渡航記録出発編もこれが最後です。

1時間のバス乗車を終え、無事オルリー空港に着きました。

ここから国内線が多く出発しているからでしょうか、
空港内はほぼ「フランス人」ばかりで、私のようなでっかいスーツケースを持っている「外人」はいませんでした。

また、オルリー空港を利用するのが初めてだったので、ちょっとドキドキ。
さ~て、何から始めるか・・・。

とりあえず手続きをしようと、窓口に問い合わせ。
親切なムッシューが教えてくれた方向に行くと、無事エールフランスのカウンターが見つかりました。

まず近くにあった機械で搭乗手続きを行い、
手荷物をカウンターで預け・・・

Pas de problème!016.gif

なんか、ここまでスムーズじゃないの~。
旅慣れてる人みたいじゃん。と、ちょっとウキウキ053.gif
カウンターの係員さんもかっこよかったし053.gif←え、そこ?

そしてゲート前で待機。
・・・前から思ってたけど、フランスの空港ってWifiサービス悪いよね。
有料が基本だものね。
なもんで、つぶやくこともできず、かといって寝てるわけにもいかず、ただただ我慢。

そろそろ搭乗手続きが始まる時間というのに、一向にその気配なし。
039.gif
と思っていたら、30分遅延するとのこと。

なぬ~~~022.gif

ただでさえ何もすることのない待ち時間。
これを持ちこたえるのがきつかった~。

そして、やっとこ搭乗。
バスで飛行機まで移動します。

a0006933_2047779.jpg


こぢんまりとした空港です。
昔はフランスの空の玄関だったとのこと。

a0006933_2053089.jpg


さきほどまで私がいた待合室が見えます。

そして飛行機もこじんまり。
先ほどまで乗っていた大型飛行機とはだいぶ様子が違います・・・。

a0006933_211447.jpg


乗客はたぶん30人いるかいないか。
空席も目立ちます。

私の隣にはまじめそうな若いお兄ちゃんが座りました。
ちょっと旅の疲れもあって約1時間弱の空の旅を夢の中で過ごそうと思っていた私ですが、
あるものが目に入りました。

隣のお兄ちゃんが持っていた本。
それは・・・

「なでしこ特集号!」

花の写真集ではありません(笑)
あの、女子サッカーの特集号(しかもオール日本語)を読んでいるじゃありませんか!


前にもお話した通り、オルリーはCDGよりもメジャーって感じではなく
アジア人がいるのもちょっと珍しい雰囲気。
しかもあんまりメジャーじゃないクレルモンフェラン(失礼)行きの小さい飛行機に
乗りあった隣の人が、ナデシコの特集号を読んでいる・・・

どんだけの偶然ですか!?


普段は内気な私ですが、ここで声をかけないのは女がすたる!
ええーい、ままよと声をかけました。

正直ここに来るまでの飛行機はすべて英語だったので
フランス脳のスイッチがなかなか入らず苦労しました。

彼はなんと1ヶ月日本でバカンスを過ごしたとのこと。
日本のあちらこちらに行っていたそうです。

思い出に残る街を聞いたところ、「埼玉」とのこと。
・・・ちょっとびっくりしたのでした。w

色々話している間にあっというまに1時間のフライト終了。
お互いフランス・日本に興味があるということで、いつかまた会おうと約束しました。


到着時間は19時30分近く。
まだまだ明るいフランスの夏です。


迎えに来てくれたホストファミリーと初顔合わせ。
明るいマダムでうれしい~053.gif
ちょっと話す言葉が速く感じるけれど、こればっかりは慣れるしか仕方ない。

1時間ほどして到着したお宅は3階建て。
私には3階の部屋を用意していただきました。
荷物を上げるのが大変だったけど、とっても快適なお部屋!まるでホテルのよう♪

ホームステイ宅の話は、また後で。
[PR]
by cayos | 2011-08-22 19:30 | 2011 仏留学

オルリー空港へのバス

いまさらですが、今回の旅行のしょっぱなもしょっぱな。
フランス到着の日記をUPします。

アブダビからパリ、シャルル・ド・ゴール空港へ到着。
荷物の受け取りにかなり時間を食いました。
まあ、ロストバゲージしてないだけ良かったのですが。

前回、パリで盗難騒ぎにあった私、
警戒心バリバリで空港内を闊歩。

今回の旅行で一番心配だったのが、CDG空港からオルリー空港への乗り換え。
この2つを結ぶバスに乗るのです。
30分に1度は運行されているのですが、到着までに1時間かかる。

荷物を受け取ったのは14:45.
空港登場締め切りは17:15.

つまりあまりのんびりしていられない!!


バス乗り場を探してうろうろ。
合計3回は係員さんに尋ねたでしょうか。

とりあえず、バス停を見つけ、バスの係員さんに「オルリーに行くか?」と質問。
このバスではなくて次のバスだとのこと。
ようやく一安心。

「チケットもこのバスの中で買えますよね?」
と尋ねたところ、「買えるよ~。19ユーロだったかな」とのお返事。
そしたらもう一人の係員さんが「あれ、39ユーロじゃなかったっけ?017.gif」とにやにや。
1時間の乗車で4200円なんてありえないから!022.gif
それに料金は事前に19ユーロと確認済みだったので、

「ありえない!39ユーロなんて高すぎるし、私はもう事前に料金は調べてあるよ!」
とやり返した。
係員さんたち、「ああ~ばれちゃってたか~」と大笑い(笑)


とりあえず、ぼーっとバスを待ってると

「マドモワゼル、バス来たよー!」

と呼んでもらった。

係員さんにお礼を言って、バスに乗り込む。
料金はやっぱり19ユーロ065.gif

発車時間は15:35.
とりあえず、飛行機の時間には余裕をもって到着できる。

ほっと一安心して1時間、バスに揺られたのでした。
[PR]
by cayos | 2011-08-22 15:35 | 2011 仏留学

アブダビ発パリ行。

さてさて、一週間前の日記ですが忘れないうちにUPします。

a0006933_19445586.jpg


待ち時間に見た鳥。雀じゃないよね・・・。
日本にもいる?

約6時間半の待ち時間を終え、いよいよ搭乗の時間がやってまいりました。

a0006933_1949127.jpg


日本からの便と同じく、乗るのはエティハド航空の飛行機です。
ちなみに同じ便に乗っていた日本人グループの添乗員さんの話によると
「エティハド」とは「国営の」という意味らしい。

パリ行ということで、さすがにフランス人が多い。
ここらへんから生のフランス語があちこちで飛び交っているのを聞いて

「きゃーーー056.gif久々のフランス語だわ016.gif

とウキウキする053.gif

さて、いよいよ出発。

a0006933_19511056.jpg


実は、お隣と前の座席のご夫婦に、「席を替わってもらえないか」と頼まれたのですが
わざわざ通路側を予約していた私はお断りしてしまいました。
気持ちはわからないでもないけど・・・窓際だとトイレに行くのに気を遣うのでいやなんですよね。008.gif
奥さんにはちょっと嫌な顔されたけど。仕方ないじゃんっ。015.gif

とまれこうまれ、離陸。

印象としては、

「白い」

さすが中東。砂漠の地。
もやっているように見えたのはすべて砂のせいだったのですね。

a0006933_19565472.jpg


そしていつもの表示。
アブダビからパリまでの航路です。

a0006933_19593533.jpg


出発したのはアブダビ時間9時10分くらいだったかな。
6時間半の予定と書いてあります。

a0006933_2005689.jpg


そんなこんなしてる間に、わーい、朝ごはん016.gif

a0006933_2043315.jpg


私が選んだのは
・ハーブのスクランブルエッグ
・鶏肉のソーセージとじゃがいも、焼きトマト
・ココア

ご飯は普通でしたが、スチュワードさんが非常に感じのいい人でした。
モハメドさんという、わりとイケメンな感じの男性053.gif
今はやりの?執事っぽくかしづいてくれるような人でw なかなか萌えました016.gif
残念ながら写真を撮るチャンスがなかった!おーららー。
帰りの飛行機に期待!w


6時間は・・・やっぱり長い。
ソリティアしたり、映画見たり、寝たり・・・いろいろしたけどやっぱり長い。
でもようやく到着が近づいてきました。

a0006933_2010562.jpg



地面が四角く縁どられて、茶色だったり緑色だったりするのを見ると、
さっきの白い地面との違いを感じますね。
ああフランスに来たんだなぁって。

この地図には載っていませんが、
私はパリ到着後にオーベルニュ地方というフランスの真ん中あたりに行くことになっています。
・・・せっかくパリまで来たのですが、折り返す形になるんですねw

a0006933_20125132.jpg


あれ?パリに着陸するのになんでまっすぐ行かないで折り返すの?

a0006933_20143713.jpg


なぜかというと・・・答えはこれです。

a0006933_20153321.jpg


先ほどの飛行機にもあった表示ですが、
Mekkah、つまりメッカの方向になるべく合わせて着陸するようにしてるらしいんですね!
(添乗員さん談)
ものすごいこだわりだ・・・。

へぇぇ~って感心している間にフライト時間も残りわずかになりました。

a0006933_20182069.jpg

a0006933_2019341.jpg


あと5分で到着です。
フライト時間、予定より15分ほど長かったですね。
でも乱気流に入ることも無く、まったく今回は怖さを感じませんでした。001.gif

だんだん街らしくなってきました。
フランスのシンボルもよく見えますね。

a0006933_2022188.jpg


a0006933_20231249.jpg



ようやく無事、パリに到着です!

でも実は私がいちばん心配していたのはこれからなんです~~!
[PR]
by cayos | 2011-08-22 10:32 | 2011 仏留学
空港をうろうろしてもよかったのですが、
寝不足と旅の疲れであんまり探検できませんでした。
けど、面白いものを発見した時は、忘れずに写真をぱちり。061.gif

まず1つ目。

a0006933_326965.jpg


一見、普通のトイレです。
でも左側に、シャワーのようなものがあります・・・。

これはビデのように使うんでしょうか??
それとも掃除の一環?
ちなみに上にある大きめのボタンを押さずとも水は流れました。
これ、押しても流れます。

ちょっとこのシャワー、いじってみたかったんですけど
ヘンにいじって自分がずぶぬれになる予感がしたのでやめましたw
何せ、思いもしないことがよくおこるのでね(笑)


2つ目。

面白い標識を見つけました。

a0006933_3322022.jpg


トイレはわかる。
階段もわかる。
でもこのお城の絵はなに?
写真取るのに良いスポット、ってこと???

とにかく行ってみました。
そして発見。正解はこれ!

a0006933_3364383.jpg


Prayer Room, つまり、お祈りのための部屋だったわけですね!
信心深いイスラム圏ならではですね。

ちなみにお祈りの部屋はこの時誰もいなかったのですが
普通のカーペットの部屋でした。
イメージとしては、地域の自治会の部屋、みたいな・・・。(この表現で伝わるのだろうか)

Twitterでも呟きましたが、ようやくうとうとしかけていた矢先
突然大音声で放送が始まりました。
時間は朝4時半。
コーランの放送です。むっちゃ音が大きいです。

ただ、あのメロディーはなんとなく日本の民謡にも通じるものがあり
聞いていて懐かしいような気がしました。不思議ですね、初めて聞くのに。


3つ目。

a0006933_3453671.jpg


管制塔の形が、アリババが持ってる刀みたいな形。
ちょっと楽しくなりません?


さて、7時間近く待機して、次はいよいよフランスに向かいます。
[PR]
by cayos | 2011-08-22 08:50 | 2011 仏留学
今、このブログを書いています。

朝日ってどこも真っ赤だと思っていましたが、ここで見る朝日は白かった。
月のようでした。
遠くがぼんやりかすんで、
「アラビアのロレンスの国だなぁ・・・」
なんて思いました。

a0006933_3105789.jpg



私は今アブダビ空港にいます。


フライトは思っていた以上に快適で、
昨夜、21日(日)21:10に成田空港を出発し、
10時間15分のフライト後、ここアブダビ空港に到着しました。

a0006933_3115298.jpg



到着現地時間は、予定では午前4時だったのですが、
なんと午前2:40!!
乗り継ぎの便が午前9時・・・こんな長時間どうすりゃいいのさ007.gif

なーんて思いましたが、仮眠をとったり、お店をちょろっと冷やかしたりして時間をつぶしました。
(ラウンジには同じようにしている人がたくさん。仮眠どころか床に寝て本眠してる人もいっぱい005.gif)

a0006933_3144895.jpg



24時間お店もやってるし、人も働いてます。
ただ、今はラマダン中なので、日中は観光客も飲食はNGらしいです。
(飛行機のアナウンスでは、ガムもダメと言っていました)

これから乗る飛行機で機内食は・・・どうなるんでしょうね?039.gif

a0006933_3183821.jpg

[PR]
by cayos | 2011-08-22 08:41 | 2011 仏留学

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos