タグ:フランス ( 5 ) タグの人気記事

今日は久々に銀座に行ってまいりました。
向かうはシャネル!

アラン・デュカスのナチュールレシピ (シンプルで体によく、おいしいフレンチ)

アラン・デュカス / 世界文化社



この本の出版記念講演会に応募したところ、当選したので
作者であるアラン・デュカス氏のお話を拝聴してきました。

・・・久々の、生フランス語!emoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gif
何が楽しみかって、これですよ、これemoticon-0152-heart.gif

もちろん、シェフであるデュカス氏のテーマは、最近の私の関心ごとである、「食」。

Simple , sain et bon
(シンプルで体によく、おいしい)

これは10月に友人のBIO農場で滞在した時に、強く感じられた経験とたくさん共通していました。

たとえば地産地消の話。
Globalization よりも Localization が大事だということ。

遠隔地で作られ、何日も前に収穫されたものを、燃料費をかけてわざわざ輸入して食べるよりも、
地元の、新鮮な野菜を食べるほうが健康にも地球にもやさしいということ。

また、安全な食(たとえば無農薬農業など)を生産するのは
とてつもない労力がかかるということ。
だからこその価格であることを、消費者である私たちは理解する必要がある。
そして、そういう穀物・野菜・果物・お肉・お魚などを選択するということは、
そういう食づくりをしている生産者を応援することにつながるということ。

また、脂肪分や砂糖などを減らしていくことも大事だとおっしゃっていました。


うんうん、私が友人(BIO農業を営んでいる)から聞いた話とほとんど一致。


そして、「料理人の仕事はpartager(分け合う)ことだ」とも。
その心は?

emoticon-0152-heart.gif

だそうです。

食べてくれる人が、おいしいemoticon-0142-happy.gifって喜んでくれることを願いながらのお料理。
おいしくないはずが、ありませんよねemoticon-0155-flower.gif


講演後は、著書のサイン会。
その後は一緒に写真撮影♪

・・・なのに、なんとこんな日に限ってカメラを忘れてしまった!
なので携帯で撮っていただきました。


初対面なのに、そして三ツ星レストランをいくつも持っているすごいシェフなのに
とても気さくな雰囲気のデュカスさんですemoticon-0155-flower.gif



久しぶりのフランス語、大体内容がわかって嬉しかったです。
フランスの音が懐かしくて、うれしくてたまりませんでした。

そして、通訳の方もすごく良かった!
なんというか、内容だけではなくて、彼の感情も伝えてくださったのが印象的でした。
声もきれいでしたし♪

翻訳者の方のお話しも聞くことができて楽しかったです。
この本を伝えたい~~~~!っていうパッションが伝わってきました。
全部のレシピにチャレンジしてくださったそうです。すごい!
帰宅して本を開いたところ、この方のレシピメモが記載されているのですが
これがすごく助かる!
フランスにあって日本にない食材の代替品などが書かれています。
これなら最初の一歩が出しやすい!・・・と思います。


本当に、料理は初心者も初心者ですが
誰かの笑顔につなげられるように、私もお料理に挑戦してみたいと思います。

a0006933_0434233.jpg

[PR]
by cayos | 2011-12-03 19:38 | お食事

撃沈。

今日は仏検準1級の試験日。

いつもの私なら、時間が無いなりに、最後はものすごく追い込みをかけるのですが
今回はその気になれなかった・・・。

準1級の公式問題集をお友達に借りて、開いたはいいものの

難しすぎてわからないemoticon-0119-puke.gif

特に語彙問題。
私はただでさえボキャブラリーが少ないのに、
このレベルになると「何、この単語?」がほとんど。

・・・最初から当たって砕けろ精神ではいましたが、
あまりにもレベルのギャップを感じて、
それを埋めるには一夜漬けやら何やらでは到底追いつかないのをひしひしと感じてしまいました。

今の段階では2級が受かるかどうか、ってところで精いっぱい。
後は、もう少し本格的に勉強しないと無理みたい。

これがわかっただけでも、今回受けた甲斐があったというものですかねぇ。


ちらりと試験を棄権してしまおうか、というよこしまな考えも浮かびましたが、
ちゃんと受けてきましたよ。
9000円の受験料、無駄にできないものね。


出かけた直後に受験票を忘れたことに気づき、取りに帰ったところ
乗る予定だった電車に間に合わなくなり、
急きょ、行く方法を変更。

無事予定時間に試験会場最寄駅に着いたはいいけれど、
受験票に書かれた地図が略図すぎて迷いまくり。
加えて今日のいい天気のおかげで汗だく。

あげくにヒール高めのブーツで出かけたのが裏目に出た。
会場である大学は駅からかなり遠いうえに、
さらに坂道に続く坂道。
行きだけで足はマメだらけ・・・。

そんな疲れが出たのか、
はたまた問題が難しすぎたのか、
試験最中に強烈な眠気に襲われ、
約10分は寝てしまいました。←何やってるんだか。

というわけで、今回はもうダメですわ~。
あまりにもダメすぎて悔しさすらわいてこないという(^^;


今年の夏から今日にかけて、もろもろの試験に明け暮れていたわけですが
しばらくテストはお休みしようと思います。
基礎力を上げてから再チャレンジだ!

とりあえず。
終わったぞーーーーーーー!
[PR]
by cayos | 2011-11-20 22:56 | フランス語

CAVILAM同窓会

去年のフランス留学で出会った仲間と、1年以上ぶりに再会!
でも友達って、再会するとすぐ「あの頃」に戻れるのよねぇemoticon-0111-blush.gif

表参道のカフェにてまずは腹ごしらえ。
(お店の名前、忘れちゃったぁ~emoticon-0120-doh.gif

ドリンクはシャンパンをいただきましたemoticon-0168-drink.gif
そして、サラダはセルフサービスです。

a0006933_22443064.jpg


そしてメインのチキンとスープ。

a0006933_2244449.jpg


これ、何のスープか聞かなかったのですが・・・さといもかな?
こっくりしておいしかったです。

そして約3時間、しゃべりまくり!
近況報告、1年の余白を埋めること、そしてあの3・11のころのこと・・・。
話題は尽きません。

ですがさすがにお店の方の目が気になり(笑)
2軒目のカフェにレッツゴー!

A to Z cafe というお店です。
奈良美智さんの作品がそこかしこに置かれていて、室内はアートな雰囲気。

しかし、おフランス帰りの女子3人、寒くたって「武士は食わねど高楊枝」。
向かうはテラス席です!emoticon-0103-cool.gif


店員さんに誘われて行ったは良いものの、
お店を通り抜けて、非常口のような階段に入った時は
一瞬、「このままお帰りください」になっちゃうんじゃ??emoticon-0104-surprised.gifと思いましたが、杞憂でした(笑)

到着してびっくり!

a0006933_2259048.jpg


突然拓けた景色が目に飛び込んできました。
写真中央の水槽みたいなビルは、プラダのビルらしいですね。

a0006933_22591051.jpg


そしてさっそくスイーツを注文。
私は手前の南瓜のケーキを食べましたが、おいしかったemoticon-0152-heart.gif

結局屋上テラスで2時間おしゃべり。
外はかなり暗くなってきて、気温も結構下がってきましたが、やっぱりおしゃべりは尽きないのよね(笑)
暗くなってくると、キャンドルを灯してくれます。これまたキレイ。
デートにもよろしいかと思われますemoticon-0115-inlove.gif

近いうちの再会を約束して別れました。
たのしかった!emoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]
by cayos | 2011-11-12 12:41 | お食事

Le Bretagne

表参道でお友達とランチemoticon-0115-inlove.gifしてきました。

お店はミシュランにも載っているというLe Bretagne
お昼時&土曜日という条件のためか、お店は満員!
しかも入店するために待っている人もかなりいます。
予約してくれたKさんに感謝しつつ店内へ。

すると、あちこちから「Bonjouremoticon-0157-sun.gif」の声が!

最近フランス語から遠ざかっていた私、これが嬉しかったですemoticon-0111-blush.gif

約束の時間を過ぎていた私は友人のいるテーブルを確認するため、
フランス人らしきウェイターさんに声をかけました。
最初はお互い日本語でやりとりしていたのですが、
最初のBonjourで、おそらく脳内フランス語スイッチが入ってしまったのでしょう(笑)
いつの間にかフランス語で会話してました(笑)

いやぁ~、まだフランス語忘れてなかった!嬉しかったしほっとしました。

さてさて、ブルターニュ地方と言えば、名物料理はガレット。
そば粉で作られたクレープです。

a0006933_21593995.jpg


ブルターニュはフランス北部。
この地方は気候柄、ぶどうは育ちにくい。
ワインの代わりに何がある?・・・というと、

シードル

なんですね。
りんごの蒸留酒です。
金色で、しゅわしゅわーとしていて、とってもきれい。
アルコール度数もそんなに高くないので飲みやすいです。

これがガレットと高相性♪

さらにデザート。

a0006933_220777.jpg


ガレットはそば粉でできていますが、クレープは小麦粉です。
りんごが中に入っていておいしい♪
塩キャラメルのソースがかかっていますが、これもこの地方の名産です。


実は去年と4年前の夏、私は本場のブルターニュで、このガレットを食べる機会がありました。
その時の思い出がよみがえってきました。
・・・懐かしいなぁ。

地元では(フランスでは、かもしれませんが)ガレットの生地が冷凍で売られていたりしていました。
お家でもすぐ食べられるんですね。いいなぁ。


美味しい食事、親しい友人との語らい。
楽しいひと時でしたemoticon-0115-inlove.gif
[PR]
by cayos | 2011-11-05 13:52 | お食事

サザエ遺伝子

無事帰国しました~~~!!

夏がぶり返したかのようなパリとは打って変わって、日本はすっかり秋の空気。
涼しくて過ごしやすい。J'adore!emoticon-0115-inlove.gif

帰国当日、なんと私の中のサザエ遺伝子が大増殖。

朝は予定通りに起きて、荷物の最終整理。
バスの出発は8時半なので、8時15分に出ればちゃんと間に合う。
そこから逆算して、8時ごろにリビングに行き、別れを惜しみ・・・。

という予定でした。

8時少し前に部屋をノックされる。

「そろそろ出かけなくていいの?」

と、昨日一緒に時刻を確認したOlivier.

「え?emoticon-0104-surprised.gif8時半出発だよね?」

「いやいや、8:07出発だよemoticon-0138-thinking.gif


ひょえーーーーーーemoticon-0104-surprised.gif
時間はすでに8時。
バス停まではちょっと遠い。

そこからはバタバタ。

Sperantaとの別れを惜しみたかったのに、時間がなく「またね~~~emoticon-0128-hi.gif」って感じ。
センチメンタルも何もありゃしない(笑)
逆にそれで良かったのかな~。

Olivierがスーツケースを持ってくれて、私は機内手荷物を抱えて走った!emoticon-0169-dance.gif
朝何も食べてないせいか力が出ない~。

でも無事にバスにはオンタイムで乗れました。
Olivierにお礼を述べたところでバス出発。
社内にいたおじいちゃんに、「暑いね~」と言ってもらう(笑)
(実際、この日も朝から夏日だったんだけど、加えて全力疾走のため汗だくw)


空港に到着して、昨日調べたとおり、第2ターミナルにてCDGvalに乗って第1ターミナルに行ってみたら
乗るはずのエティハドのカウンターが見当たらないemoticon-0112-wondering.gif
あわてず騒がずinformationに聞いてみると、第2ターミナルとのこと!emoticon-0104-surprised.gif
そこでまた来た道を戻り、ここまでで約30分のロス。
第2ターミナルに到着してカウンターを探したところ、なんと一番端っこ!遠い~~!!
ようやくカウンターに到着した時には既に10時。飛行機11:20発なんですけど・・・。
しかも長蛇の列!
またしても走ったため、再度汗だく。さらに冷房入ってないんじゃないかというほどの暑さ・・・。

ようやく私の番が回ってきた、と思ったら、私のパスポートを確認したところ「チケットセンターに行って」と言われる。
実は私、チケットの日程変更をしたんですね。
そういえばその変更費用をまだ払っていなかったことを思い出すemoticon-0119-puke.gif

チケットセンターでは先客がいて、ここでもさらに10分ほど待つ。
ここでチケット変更費用を支払い、カウンターに戻ったところ、もう誰もお客さんがいない。
そりゃそうだ、もう出発1時間前を切っている・・・。

急がなきゃ、とカウンターで手続きを頼んだところ、
プリンターの不具合か何かで待たされる待たされる。
15分くらいしてようやくボーディングパスを受け取った時には、もう10:45。

出国手続きやら何やらを行って、ゲートに到着。
ところがここ、人であふれてる。
バスに乗って飛行機のところまで行くらしい。

そしてここがまた、暑いんだ!
直射日光が当たるところで、いい汗かいた。

やれやれ、という気持ちで飛行機に乗り込む。

そして気づく。なんとこの飛行機、赤ちゃんだらけ!emoticon-0104-surprised.gif

通りを挟んだ私の隣側のカップルは2人の赤ちゃん。
その前の席には2カップルにそれぞれ赤ちゃん。つまり2人。
そして向こう側にも赤ちゃんが・・・。

そのほかにも、少なくとも3人赤ちゃんがいた。

なんですか、今日は赤ちゃんの修学旅行ですか。emoticon-0107-sweating.gif

特に、私の隣の1カップル2赤ちゃん。この子たちが怪獣並みにうるさかった。
出発前にそのうち1人をあやそうと、狭い機内で赤ちゃんを振り回していたイタリア人父、
ごつんとどこかに赤ちゃんをぶつけ、すごい勢いで泣かす。
気持ちはわかる。でもあの振り回し方じゃ危ないって・・・。

他の赤ちゃんがおとなしかった分、ここ2人の怪獣ぶりが目立った。
そして彼らの席のまわりを汚しまくり(これは親の責任大。片づけないんだもの)。。。
小さい子を育てるのは大変だとわかる。
わかるけど・・・6時間どこにも逃げられない周りの私たち、かなりげっそりしました。
他の赤ちゃん連れのカップルもあきれ顔でこのカップルを見てた。

この飛行機、必死な思いで間に合わせて乗ったんだけど
結局出発は1時間遅れ。
でも到着は20分遅れで済んだ。

だけどアブダビで飛行機乗り換えの時間が1時間30分しかない私は、ハラハラ。emoticon-0107-sweating.gif
そしてその横では金切り声をあげる子供の声が・・・。

とにかく映画を観ることに集中しようと努力しました。あはははemoticon-0152-heart.gif
[PR]
by cayos | 2011-10-02 08:00 | 2011 仏留学

ずっと放置してました!ちょっとずつまた更新しようと思います。


by cayos